国際ゾンタはSDG‘sの目標No.5を支持してジェンダーの平等を達成し全ての女性と女児のエンパワーメントを図るため女性に対する暴力に「NO」という活動を世界的に展開しております。
特に11月25日~12月10日は「SAYS NO」 キャンペーン期間として人々の認識と理解を深めるための活動を行っております。
北九州ゾンタクラブはこの国際ゾンタの活動に賛成し、今もこれからも積極的に協力してまいります。

HISTORY

ゾンタの歴史
         

1919年、女性にまだ参政権のなかった頃、アメリカ、ニューヨーク州のバッファローで国際ゾンタは産声を上げました。

女性の地位向上のためには、もっとやるべき事があるとの認識を持った女性たちが集まって創設され、現在世界68ヶ国に約1,200クラブ、32,000人の会員が活動しています。

         

1961年に東京ゾンタクラブが日本で初めてのゾンタクラブとして設立され、現在では全国各地に50クラブ、約1,000人の会員がいます。

         

ゾンタクラブの会員は世界的な友好を通じて理解・親善・平和の促進のために共に助け合い、女性の平等の権利、政治的な均等、教育と健康の享受、女性と子供に対する暴力の根絶など国際ゾンタが提唱するプロジェクトを支援するため活動しています。

GREETING

会長あいさつ

会長に就任して

この度10年ぶりに二度目の会長を務めさせていただく事になりました加藤でございます。この6月にクラブ会長就任させていただきながら皆様へのご挨拶が遅れまして申し訳ございません。 世界中にコロナの感染拡大続く中で、国際ゾンタの活動も制約され、北九州ゾンタクラブの活動もいかにすべきか模索する月日でございました。しかしながらワクチンの一般投与開始の報道がなされたことに望みをいだき、クラブの活動も前進させてまいりたいと思っております。来年は北九州ゾンタクラブも節目の設立30周年を迎えます、その時には「コロナの感染終結宣言」が出され、皆様に北九州ゾンタクラブ活動の成果をお届けできることを信じて頑張ってまいりますので、ご指導・ご鞭撻・ご協力賜りますようお願いいたします。

北九州ゾンタクラブ会長 加藤 千佳子

ページトップへ移動