TOPICS

新着情報
投稿者: golden

高校訪問

6月28日に学習支援の代表として、北九州市立高校に訪問させていただきました。市立高校の2年生は授業の一環としてSDGsと関連させた19個の高校独自の取り組みを考えるという活動をしていました。生徒さんの考えをプレゼンテーションを通して拝見させていただき、私たち大学生の視点からアドバイスをしたり内容について深くお話をしたりして交流をしました。高校を卒業して以来、高校生と関わる機会がほとんどなかったので最初は緊張しましたが、生徒さんが一生懸命発表している姿や、真剣に私のアドバイスを聞く姿、友達と楽しそうに取り組む姿を見て、私自身も楽しませていただいたし、何より達成感を強く感じることができました。彼らが考えた取り組みもとてもよくできていて、私たちの今後の活動のヒントになりそうなこともありました。先生からの視点ではなく、少ししか年が離れていない「大学生」という立場だからこそ共感できる部分やアドバイスできる部分、逆に高校生から学ぶこともあって、とても良い経験になりました。ぜひまた高校生のみなさんと交流できる機会があればいいなと思います。

カンボジア学習会

6 月 1 日と 15 日に、カンボジア学習会を行いました。カンボジアの文化や食事、観光地な ど、様々なトピックについてグループごとに調べた内容を発表し、互いに学び合いました。
それらの発表をもとに、日本とカンボジアの文化の違いについて考えたり、毎年 2 月に行 っているカンボジア訪問に役立つよう、現地でのマナーについて学んだりしました。⻄南女 学院大学ゴールデンZクラブではの活動の一環で「カンボジア教育支援」を行なっていま す。カンボジア特産の黑胡椒を使ったクッキーの販売等で得た利益で購入した本をカンボ ジアの子供達に寄贈するという形で支援をしています。今回の学習会はカンボジアとはど のような国なのか、なぜ教育支援が必要とされているのかを私たち自身で深く考える機会 になりました。このような学習会を通して、日本にいながらカンボジアについて学ぶ機会を 自分たちで作ることで、これからの活動の幅を広げていきたいと思います。

カンボジアの学校に図書と文房具を寄贈(2月20日)

2023年2月20日、西南女学院大学ゴールデンZクラブのメンバーがカンボジアにあるバテ
イ高校を訪問し、図書と文房具を寄贈しました。この活動は2014年から続いていて、これ
まで500冊以上の教科書や本を寄贈してきました。カンボジア特産の黒胡椒を使って小
倉北区のドレスデンさんで作成してもらった黒胡椒クッキーを大学祭やイベント等で販売
した利益で図書や文房具を購入しています。1月に北九州を訪問し、一緒に交流会を開催
してくれたカンボジアの女子大生たちが図書や文房具の購入を手伝ってくれました。彼女
たちもこの高校の卒業生なので、生徒たちにとって必要なものを一緒に考えてくれました
。贈呈式の後は、日本文化を紹介するワークショップを行い、カンボジアの高校生に日本
の文化を体験してもらいました。黒胡椒クッキーを購入してくださった方々、日頃からゴ
ールデンZクラブの活動を支援してくださっている方々、ありがとうございました。

ページトップへ移動